【最新版】アジアクラブ情報 2019

バンコクを中心に東南アジアのクラブや夜遊びなどの情報を紹介しています

【最新2019】ゲストDJはバンコクNo.1!朝まで遊べるクラブ「Insanity」立地抜群のおすすめ箱

【最新2019】ゲストDJはバンコクNo.1!朝まで遊べるクラブ「Insanity(インサニティー)」立地抜群のおすすめ箱、タイ

f:id:hajimeblog:20190210151738j:plain

EDMのブームにより世界中で引っ張りだこの人気DJ。もちろんヨーロッパやアメリカだけではなく、アジアでも頻繁に世界のトップDJが回しています。クラブ「Insanity(インサニティー)NIGHT CLUB」は、バンコクにあるクラブの中でも特に有名DJがしばしばプレイ。また好立地に加え、4:30ごろまでオープンしており、朝まで遊びたい人にとってはもってこいのクラブとなっています。観客はアジア人や白人、黒人、インド人系などが入り混じり、正に「人種のるつぼ」です。

クラブ「Insanity(インサニティー)」のまとめ

ミュージックジャンル

EDM、HOUSE、HIPHOPなどオールジャンル。

f:id:hajimeblog:20190210180345j:plain

ドレスコード

半ズボン、サンダル不可。※あまり厳しくはないです。セキュリティーにチップを渡すなりすれば入場可能。

フロア構成

メインフロアのみで、7~800人は収容可能とみられる。中央にダンス用スペース有り。

f:id:hajimeblog:20190803015913j:plain

エントランス料金

400B(約1,400円)で 1ドリンク付(シンハやハイネケン350mlなど)。

チェイサーやアイスを含め、ボトル料金は約4500B(約1万5000円)からと若干高めで(ジョニーウォーカーブラックラベル1Lなど)、ボトルキープも可。※要パスポートですが、コピーやスマホの写真を見せれば入場可能です。

営業時間

閉店はAM3:30~4:30。※日によって多少前後します

f:id:hajimeblog:20190210180126j:plain

アクセス

BTS、Nana(ナナ)駅から徒歩20分以内。Asok(アソーク)駅から車で約10分

※ドライバーはクラブからコミッションをもらえるため、タクシーで「Insanity(インサニティー)」に行く場合、基本的に運賃は無料。その際、メインエントランスではなく裏口から入ることになります。到着したら金を払わず、すぐにセキュリティーの元へ向かいましょう。

www.google.co.jp

客層

20代前半~30代半ば。アジア人、白人、黒人、インド系など多種多様で、RCAのクラブ「Route66」「ONYX(オニックス)」などバンコクの大箱と比べ、国際色が強い。男女比は50:50。ナンパはまあまあできます。しかし水商売関係の女性も多く、素人の女性を見つけるには苦労するかもしれません。

f:id:hajimeblog:20190210151725j:plain

公式ホームページとSNSアカウント

www.clubinsanitybangkok.com

www.instagram.com

www.facebook.com

クラブ「Insanity(インサニティー)」のオススメポイントなど

オススメポイント

好立地であることに加え、フロアの構成、ゲストDJのラインナップ、ゴージャスな内装など、クラブとして非常にレベルが高い。ダンススペースも割と広くとられているため、通常のエントランス料金だけでも十分楽しめます。またThong Lo(トンロー)地区にあるクラブ「BARBARBAR」と同じく、朝までオープンしている点もポイント高し。

www.youtube.com

マイナスポイント

水商売関係の女性が多いため、ナンパ目的としては適していません。「Route66」「ONYX(オニックス)」の方が、洗練された客が多い。

NervoらトップDJもプレイ、ラインナップはバンコク随一

ゲストDJに力を入れているのか、週末はしばしば人気DJを呼んでいる印象。Firebeatz(ファイヤービーツ)やWolfpack(ウルフパック)、Nervo(ナーヴォ)ら世界のトップDJもプレイしています。ここまで頻繁に有名DJを呼んでいるディスコは、バンコクではあまりありません。

f:id:hajimeblog:20190210151716j:plain

 日本人のDJも度々プレイしています

f:id:hajimeblog:20190803020057j:plain

www.youtube.com

www.youtube.com

バンコクのおすすめクラブについては、以下のリンクも参考に

www.enjoy-clubbing.com

 (情報は2019年1月時点)