【最新版】アジアクラブ情報 2019

アジアのおすすめスポットや旅のハウツーを紹介しています

【クラブナンパ編】バンコクで効果的なアプローチは?ハウツーやオススメの箱を徹底解説!

【クラブナンパ編】バンコクで効果的なアプローチは?ハウツーやオススメの箱を徹底解説!

f:id:hajimeblog:20190828001426j:plain

ナンパ目的でクラブに行くなら迷わずRCAへ

バンコクでクラブナンパをするなら、RCA(ロイヤルシティーアベニュー)にある「Route 66」と「Onyx(オニックス)」が断然おすすめです。素人の女性はもちろんのこと、ルックスやノリが良い女性が多く、またクラブの構造から女性に声をかけやすいです。

www.enjoy-clubbing.com

※「Route 66」は、2~3人の女性グループがちらほら遊びにきているため、チャンスも豊富。アジアからの観光客も多く、好みに応じたアプローチが可能です。

www.enjoy-clubbing.com

f:id:hajimeblog:20190209210449j:plain

「Route66」のメインフロア

※「Onyx」は男女のグループがほとんどなので、「Route 66」ほどナンパはしやすくありません。しかし、バンコクのクラブの中でもウリの女性は少なく、またルックスはピカイチ。是非、挑戦してみてはいかがでしょうか。

www.enjoy-clubbing.com

f:id:hajimeblog:20190829212539j:plain

「Onyx」メインフロア

クラブナンパの必需品

結論から言うと、タイのクラブナンパでは、現地で使えるスマホが必須です。日本の女性と比べてタイの女性は、LINEなどの連絡をマメにする傾向があります。このため、いつでもスマホが使えるようにSIMフリースマホやSIMカードを必ず用意しておきましょう。

※タイの便利なSIMカードについては、こちらの記事でまとめています。

www.enjoy-clubbing.com

プロの女性率は高し、アソーク周辺のクラブ

BTS,Asok(アソーク)駅周辺に位置するクラブ「Scratch Dog(スクラッチドッグ)」や「Insanity(インサニティー)」は、ウリ目的で訪れている女性が非常に多いです。特に「Scratch Dog」の女性客は、ほぼ全員がプロの女性といっても過言ではありません。

一方、「Insanity」は「Scratch Dog」ほどプロの女性はいませんが、壁沿いに立っている女性陣はほとんどがその筋とみられます。

f:id:hajimeblog:20190302201555p:plain

バンコクのクラブでナンパするならボトルを開けるべし

バンコクのクラブは、テーブル席をグループで確保し、ボトルを開けて楽しむスタイルが一般的。人気のクラブは週末23時ごろで満席となり、テーブル席が人で埋めつくされます。

 ボトルを開けるべき理由は、なにより女性を席に呼べること。1ドリンクで遊びにきている女性へは、ナンパの成功率もぐっと上がります。

日本のクラブと比べるとバンコクはボトル料金が非常に経済的。また、キープもできるため、数日間にわたって挑戦することも可能です。

f:id:hajimeblog:20190209002451j:plain

ナンパのポイントは良席の確保

テーブル席を確保する際は、通路沿いを選ぶのが吉。なぜならボトルを開けていないフリーの女性が回遊しており、声をかけやすいからです。

テーブル席がない女性陣は、テーブル席が集まるエリアの外側にいなければならないので、必然的に通路に集まるのです。それでも尚、良席の確保が厳しい場合は、隣のテーブル席のグループに絡んでいきましょう。

バンコクのクラブはテーブルチャージが無く、ボトルの料金に含まれています。またクラブのスタッフにお願いすると、席から席の移動も可能です。その際は100THBほどのチップを渡してあげましょう。

f:id:hajimeblog:20190803014931j:plain

「Route66」メインフロア

ナンパの効果的なアプローチ

日本の女性と比べ、タイの女性は基本的にノリが良いです。多少強引に絡んでも、大抵の女性は笑顔で対応してくれます。

しかし無理やり女性に絡む輩が多い日本のクラブと異なり、バンコクのクラブはハイソな若者が集まる遊びの場。このためスマートなアプローチができる男性は、女性に好印象にうつります。

またタイの女性は踊ることが大好きなので、ダンスができる男性はナンパの際、よりスムーズにアプローチすることができるかもしれません。

f:id:hajimeblog:20190829212902j:plain

「Insanity」メインフロア

テーブル席に女性を呼ぶまでの流れ

重要なポイントは「視線」です。気になる女性が周りにいたら、とにかく視線を送ることから始めましょう。そして目が合う女性に対しては、グラスを片手で上げるなどしてリアクション。これを何度か繰り返し、その段階で初めて声をかけます。

声をかけるのが苦手な人は、曲のサビに合わせて乾杯の音頭をとるのもOK。女性の方から話かけてくれるパターンもバンコクではしばしばです。

しかしダラダラ女性と会話するのは、あまり良くありません。日本のクラブにきている女性と違い、タイの女性は踊ってナンボの世界。会話しつつも、ダンスも楽しみましょう。

f:id:hajimeblog:20190829213947j:plain

「barbarbar」メインフロア

クラブナンパの盛り上げアイテム

テーブル席につく担当スタッフのノリが良ければ、チップをはずむとパーティーグッズを貰えることがあります。例えば、スタッフがくれるキラキラ点滅する人口の氷は、グラスに入れておくと目立つこと間違いなし。

またコンビニでハイチュウなどのお菓子を買っておき、女性に挙げれると喜んでくれます。何より会話のきっかけにもなるので、騙されたと思いトライしてください。特に最近のオススメはゴキブリのフィギュアです。お菓子と言って女性に渡すと、最高のリアクションと笑顔をもらえます。

f:id:hajimeblog:20190212151822j:plain

素人とプロの見極め方

日本語を自ら話してくる女性は、プロの確立が高いです。ウリ目的の女性は、日本人客を掴むため、日ごろから日本語を勉強しています。このため日本語の有無は要注意。8~9割はプロと思ってよいでしょう。

f:id:hajimeblog:20190829213609j:plain

「Scratch Dog」メインフロア

クラブナンパする際の服装 

きめすぎは良くないですが、小綺麗な格好でクラブに行くのが望ましいです。日本の女性と異なり、タイの女性はとてもお洒落。このため、一緒に遊ぶに相応しい最低限のエチケットは心がけましょう。

ホテルは2人部屋に泊まるべし

クラブナンパの最終目標はやはり○○○。いつ何時、チャンスが訪れるか分かりません。したがって、ホテルは2人部屋に泊まるのがベターです。

そもそもバンコクは、1人部屋も2人部屋もほぼ料金が変わりません。差があるとしても、物価が安いため微々たる違い。ケチらずダブルに泊まりましょう。

f:id:hajimeblog:20190924003919j:plain

おすすめのホテル

BTS, Asok(アソーク)駅から、放射状にクラブが点在しているため、各箱を効率よく楽回りたい人は、アソーク駅周辺での滞在がおすすめ。

以下の「Thee bangkok Hotel」はアソーク駅から徒歩圏内で、安い部屋は3,000円台から。ナイトライフを楽しむには抜群の立地で、設備は中級ホテルと大差ありません。

【Expediaで検索】スリー バンコック ホテル Thee Bangkok Hotel

【agodaで検索】ジー バンコク ホテル (Thee Bangkok Hotel)

f:id:hajimeblog:20190923230134p:plain

※バンコクのクラブについては、以下の記事も参考に。

www.enjoy-clubbing.com

(情報は2019年8月時点)