【最新版】アジアクラブ情報 2019

バンコクを中心に東南アジアのクラブや夜遊びなどの情報を紹介しています

東南アジア"最大"のクラブ「Cove Manila(コーヴ・マニラ)」実際に行ってみた

東南アジア"最大"のクラブ「Cove Manila(コーヴ・マニラ)」実際に行った感想は?フィリピン

f:id:hajimeblog:20190302215520p:plain

出展:covemanila.com

フィリピンの首都マニラにできたナイトスポット「Cove Manila(コーヴ・マニラ)」。その圧倒的な存在感はラスベガスのナイトクラブにも負けず劣らずです。統合型リゾート「OKADA MANILA(オカダマニラ)」を構成するエンターテインメントの一角をなし、世界トップクラスのDJがあまたの客を沸かせています。Beach部分とNightclubを合わせると、東南アジアで最も大きいクラブといえるでしょう

統合型リゾート「OKADA MANILA(オカダマニラ)」

パチンコ機器などを手掛けるユニバーサルエンターテイメント社の創業者、岡田和生氏が開発した統合型リゾートの「OKADA MANILA(オカダマニラ) 」。高額納税者ランキング(日本)で1位になった大富豪の岡田氏はリゾート開発でも超ド級。広大な敷地では、豪華ホテルに加え、巨大クラブにゴージャスなカジノ、さらに噴水ショーが楽しめます。レストランなどの施設も充実しており、宿泊なしでも十分エンジョイできるでしょう。

f:id:hajimeblog:20190302224828p:plain
f:id:hajimeblog:20190302225226p:plain
出展:covemanila.com

ホテル

最新の設備や豪華なアメニティが備え付けられており、全客室からマニラ湾の綺麗な景色を拝むことができるそうです。安い部屋だと2万数千円ぐらいからあります

www.okadamanila.com

エンターテインメント(カジノや噴水ショー)

CASINO(カジノ)

マシーンはなんと3000台以上。もちろんソフトドリンクやアルコールは無料で提供されています。やはり中国人の観光客がかなり多く、それに合わせてか中国語表記の台もちらほらありました。IRのカジノにある基本的なゲームは網羅しているみたいです。どこでも喫煙可能です

f:id:hajimeblog:20190302224243j:plain

f:id:hajimeblog:20190302224215j:plain

Fauntain(噴水ショー)

数時間毎に開催されています。かなり規模が大きく、無料で楽しめるため必見です

www.youtube.com

「Cove Manila(コーヴ・マニラ)」のまとめ

 営業時間

日: 午後1時~10時、木:午後10時~午前3時、金:午後10時~午前5時、土:午後10時30分~午前5時

イベントカレンダー(下記リンク)

covemanila.com

※イベントによって解放時間が異なるようです

アクセス

 統合型リゾート「OKADA MANILA(オカダマニラ)」の施設内にあります。Pasay(パサイ)地区の中心地からタクシーで約15分。Malate(マラテ)やMakati(マカティー)からはタクシーで約30分の距離。

※テロ対策のためセキュリティーチェックが厳しく、「OKADA MANILA(オカダマニラ)」へ入るまでに結構時間がかかります。また帰りはタクシー乗り場でかなり人が並ぶため、Gla taxiなどの配車アプリの利用をおすすめします

www.google.co.jp

(adress)Okada Manila, New Seaside Drive, Entertainment City, Parañaque, 1701 Metro Manila

エントランス料金など

イベントによって異なりますが、Beachclub側は基本的に無料で入れます

ミュージックジャンル

EDMやHOUSEが中心

f:id:hajimeblog:20190302221219p:plain

出展:covemanila.com
音響システムなど

音響とライティングには最先端のテクノロジーが使われています

www.youtube.com

フロア構成と設備

The Palace Pool Club(プールクラブ)」と同様、建物内部は「Beachclub(左)」と 「Nightclub(右)」に分かれています。日中やイベントが無い時間帯は、Nightclubは閉まっていました。Private room(トイレ)は無料?で使えるシャワー室まであります

f:id:hajimeblog:20190302211016p:plain
f:id:hajimeblog:20190302211201p:plain
出展:covemanila.com
VIPルーム

ドームの側面はVIPルームになっており、各ルームには小さいプライベートプールも設置されています

f:id:hajimeblog:20190302215248p:plain

f:id:hajimeblog:20190302215825p:plain

出展:covemanila.com

ドレスコード

 有り。ジャケットや襟付きシャツを着る必要はないです

客層

クラブ「ZZYZX(ジージーエックス)」や「ROYAL(ロイヤル)」と比較にならない程の、ハイソな現地人や観光客がほとんどを占めています。VIPも時々遊びに来ているようです

f:id:hajimeblog:20190303002416p:plain

出展:covemanila.com

公式ホームページとSNSアカウント

covemanila.com

www.facebook.com

www.instagram.com

「Cove Manila(コーヴ・マニラ)」おすすめポイントなど

おすすめポイント

イベント時に行くのがベターですがインテリアを覗くだけでもそれなりに楽しめます。BARとしても使えるのもポイント高し。

f:id:hajimeblog:20190302223307j:plain

マイナスポイント

クラブイベントは週末しか開催されておらず、平日はほとんど人がいません

 「Cove Manila(コーヴ・マニラ)」のイベント

Steve Aoki(スティーヴ・アオキ)やDiplo(ディプロ)、Nelly(ネリー)、ZEDD(ゼッド)など、世界の名だたるトップDJをゲストDJとして呼んでいます

www.youtube.com

www.youtube.com

マニラのおすすめクラブについては、以下のリンクも参考に

www.enjoy-clubbing.com

(情報は2018年5月時点)