【最新版】アジアクラブ情報 2019

バンコクを中心に東南アジアのクラブや夜遊びなどの情報を紹介しています

【最新】ゲストDJは国内クラブNo.1!六本木一のナンパ 箱「V2 TOKYO」をレビュー

【最新】ゲストDJは国内クラブでNo.1!六本木一のナンパ 箱「V2 TOKYO」をレビュー

f:id:hajimeblog:20190525155606j:plain

クラブ「V2 TOKYO」メインフロア

六本木ランドマークのロアビルから移転し、新しくなったクラブ「V2 TOKYO」。ラグジュアリーなインテリアにお洒落な客層の数は国内のクラブでもNo.1で、ナンパ箱としての顔もいまだ健在。そこで新規オープンの「V2 TOKYO」について、フロアや客層などを徹底解説します。

営業時間

月~日曜日、祝日:午後9時~午前5時

アクセス(行き方)

六本木駅「7出口」から徒歩1分、六本木交差点から徒歩5分。ロアビルでの営業が2018年に終了し、同年10月から東京都港区六本木7-13-7にある「TOWER OF VABEL」で営業が再開されました。エントランスが派手なので分かりやすいです。

f:id:hajimeblog:20190522231122p:plain

外観

www.google.co.jp

エントランス料金等

料金設定は六本木という土地柄、やや高めの設定となっています。

男性

月~木、日曜日:2,000円(1ドリンク)

金・土曜日、祝日前日:3,500円(2ドリンク:1テキーラショット+〇〇)

女性

月~日曜日、祝日:基本的に入場無料です

※イベントなどによって、料金等が異なります。ゲストDJが回すイベントでは、3段階の料金設定から自由に選べる設定になっていました。

f:id:hajimeblog:20190523000213j:plain

エントランス
ドレスコード

有り。短パンやサンダル、スウェット、タンクトップなど、ラフすぎる格好をしていくと入場不可になるそうです。

渋谷や新宿のクラブと比較すると、男女共に割ときれいめなファッションの客が多い印象。女性客は、クラブ用のドレッシーな格好の人と、普通のカジュアルな格好の人で真っ二つに分かれています。

f:id:hajimeblog:20190525161406p:plain

ゲストクーポン

以下のクーポンをエントランスで見せると、女性は優先レーンでの入場が可能になる他、1ドリンクのおまけがついてくるようです。一方、男性は1ショットドリンクが無料でもらえるということです。

japan-nightclub.com

f:id:hajimeblog:20190522234312p:plain

ゲスト・クーポン券
ドリンク料金

レッドブル系カクテルは900円です。渋谷などのクラブと比べると、ドリンク料金は100~200円程高くなっています。

f:id:hajimeblog:20190522233015j:plain

ドリンクメニュー

フロアの構成

(B1)クラブ「V2 TOKYO」

キャパが約450人程度のメインフロアのみとなっています。移転前と比べ、かなり広くなっており、多少動きやすくなった印象です。以前はフロアの大部分をボックス席が占めていましたが、新拠点では、スタンディングスペースがメインとなっています。

f:id:hajimeblog:20190525161334p:plain

(1F)クラブ「VILLA TOKYO」

元々は「V2 TOKYO」と別に運営されていた同系列のクラブ「VILLA TOKYO」が同じビルの1階に入っています。EDMもあまり流れておらず、B1で疲れた人が休んでいるような雰囲気。左右壁側にはボックス席が設けられており、意外と席が埋まっていました。

※基本的に、1FとB1はエレベーターで自由に出入りができます。

f:id:hajimeblog:20190525155044j:plain
f:id:hajimeblog:20190525155052j:plain
クラブ「VILLA TOKYO」

客層

20代前半ば~30代前半で、男女比は70:30。外国人も多く、特に中国人が増えているようです。白人はあまり見かけませんでした。

女性のルックスのレベルが高く、男性も渋谷のクラブに多くみられるようなヤンキー連中はあまり見かけませんでした。

ナンパ

六本木一のナンパ箱と言われるだけあり、ほとんどの男性客がナンパ目当てで来ている印象。ドリンクカウンター周辺は特に激しいです。クラブ慣れしていなさそうな女性陣が多くつかまっていました。

f:id:hajimeblog:20190525155827p:plain

ミュージック

ALLMIX、EDMが中心(数年前に流行った曲ばかり流している印象です)。最新の音楽はほぼ流れません。

クラブ「V2 TOKYO」の特徴

ゲストに豪華アーティストら

国内のクラブの中で、世界の有名アーティストを最も多く呼んでいるのではないでしょうか。DJでは、日本でも人気のAfrojackをはじめとして、Juicy M、Ummet Ozcan、Quintinoら多数アーティストがプレイ。またシンガー系もゲストに呼んでおり、Ne-yoやLil jonらも訪れています。

しかし、最近は系列店のクラブ「ELE TOKYO」に力を入れている印象があり、以前に比べるとゲストDJのネームも落ち、呼ぶ回数も減っているように見受けられます。

f:id:hajimeblog:20190525161410p:plain

 ジャスティンビーバーやネイマール、NE-YOら世界のセレブも訪れているようです。

www.v2tokyo.com

女性客のルックスが良い

六本木という土地柄のため、遊びに来ている女性のレベルは高いです。渋谷や新宿などのクラブに比べ、夜の匂いがする女性も多し。遊び慣れしている印象は強い傾向です。

公式ホームページやSNSアカウント

www.v2tokyo.com

www.instagram.com

www.facebook.com

おすすめポイント等

オススメ要素

ゲストDJが豪華。女性客のルックスが良く、ナンパしたい人にとってはオススメの箱です。

f:id:hajimeblog:20190525161331p:plain

マイナスポイント

移転前に比べるとフロアは多少広くなりましたが、クラブを楽しみたい人にとってはやはり物足りないです。音楽は古く、またフロアも狭いため解放感はありません。ナンパ箱のためDJブース前でも人が縦横無尽に動き回り、踊りたい人にとっては不向きのクラブです。客の一体感も皆無です。

(情報は2019年5月時点)