【最新版】アジアクラブ情報 2019

バンコクを中心に東南アジアのクラブや夜遊びなどの情報を紹介しています

【台湾】おすすめクラブを最新レビュー!台北で実際に行ってみた

【台湾】おすすめクラブを最新レビュー!台北で実際に行ってみた

f:id:hajimeblog:20190321013025p:plain

出展:Facebook公式アカウントより

台北のクラブの特徴

客層

男女比はどこのクラブも大体半々ぐらいで、現地の台湾人でほぼほぼ占められています。箱によって異なりますが、20代半ばの若い客が多いです。

営業日

水から土曜日オープンのクラブが多く、週末はエントランスの前でかなり待たされることもあります。このため午後10時前後の早い時間に行くのがオススメです。日本のクラブと同じく、午前1時ごろが最も盛り上がる時間となっています。

アクセス

台北のクラブのほとんどは、ハイセンスな信義エリアにある複合施設「ATT 4 FUN」の中に集まっています。1Fにはオープンテラスのバーなども入っており、クラブ以外も色々と楽しむことができます。MRT板南線の市政府駅から歩くこと約10分。また淡水信義線の台北101/世貿駅から徒歩約7分の距離に位置しています。

f:id:hajimeblog:20190316144701p:plain

f:id:hajimeblog:20190324162110p:plain

Taipei Clubs Map

①クラブ「OMN(オムニ)」

f:id:hajimeblog:20190312214132p:plain

おすすめ度

★★★★★

住所(アクセス)

MRT板南線の忠孝敦化駅から徒歩1分。「ATT 4 FUN」からは車で約10分の距離。

www.google.co.jp

営業時間

午後10時30分~午前4時30分。

月・火・木・日曜日は定休日。

エントランス料金等

男性は1,000台湾ドル(約3,600円)。女性は700台湾ドル(約2,500円)。

※2ドリンク付き

ドレスコード

厳しくはなさそうですが、身なりに気を遣っている人が多いのであまりラフな格好はしない方が良いかもしれません。

※1Fのエントランスでパスポートチェックがあります。パスポートの原本が必要です。

客層

20代半ば~30代半ば。現地台湾人がほとんどで観光客の姿もちらほらあります。男女比は60:40。台北のクラブの中でも最もハイソな人が多い印象です。可愛い子も多く、ナンパもまあまあできます。

ミュージック

 EDMが中心。

enjoyclubbing.hatenablog.com

②クラブ「WAVE(ウェーブ)」

f:id:hajimeblog:20190313161751p:plain

おすすめ度

★★★☆☆

住所(アクセス)

MRT板南線の市政府駅から徒歩約10分。淡水信義線の台北101/世貿駅から徒歩約7分。「ATT 4 FUN」の1Fに入口有り。

www.google.co.jp

営業時間

午後10時~午前4時。

月曜日は定休日。

エントランス料金等

男性の場合、火~金・日曜日は700台湾ドル(約2,500円)、土曜日は800台湾ドル(約2,800円)。女性の場合、火・水・金曜日は400台湾ドル(約1,400円)、木・日曜日は200台湾ドル(約700円)、土曜日は500台湾ドル(約1,800円)。再入場可。

※ドリンクは飲み放題

ドレスコード

サンダル不可。

※1Fの入口でパスポートチェックがあります。原本を必ず持参しましょう。

客層

20代が中心です。男女比は50:50。9割の客が現地台湾人で、白人やアジア系の観光客がちらほらいる印象です。

ミュージック

 TOP40やHIPHOP、EDMなどオールジャンル。

enjoyclubbing.hatenablog.com

③クラブ「Elektro(エレクトロ)」

f:id:hajimeblog:20190316145059p:plain

おすすめ度

★★★★☆

住所(アクセス)

MRT板南線の市政府駅から徒歩約10分。淡水信義線の台北101/世貿駅から徒歩約7分。「ATT 4 FUN」の7Fにあります。エレベーターで直接に7Fに行くことはできないため、1Fでエレベーターに乗り、まずは6Fへ。その後IDチェックを受け、チェックが済むと7Fに上がるエスカレーターに乗ります。

www.google.co.jp

営業時間

水・木曜日は午後10時~午前3時30分。金・土曜日は午後10時~午前4時30分。

日・月・火曜日は定休日。

エントランス料金等

水曜日:男性は800台湾ドル(約2,900円)、女性は入場無料。

木曜日:男性は700台湾ドル(約2,500円)※午前0時以前は350台湾ドル(1,260円)。女性は300台湾ドル(約1,100円)※0時前は入場無料。

金・土曜日:男性は1,000台湾ドル(約3,600円)、女性は700台湾ドル(約2,500円)。

※有料チケットは2ドリンク付き

ドレスコード

短パンやサンダルの入場は不可です。また入り口でIDチェックがあります、外国人はパスポート原本の提示が必要。ボディチェックはありませんでした。

客層

20~30代の現地台湾人が8割を占め、残りは香港や中国などからの観光客です。欧米人もちらほらいます。クラブ「OMNI(オムニ)」と同様、ハイソな客が多く、男女比は6:4。台北のクラブの中で、最もルックスが良い女性が集まっている印象です。ドリンクカウンターの周辺には2人組の女性もちょこちょこ集まっているので、ナンパもまあまあできます。

ミュージック

 EDMが中心です。HIP HOPやALLMIXもかかっています。

enjoyclubbing.hatenablog.com

④クラブ「BABE18」

f:id:hajimeblog:20190318232947p:plain

出展:Facebook公式アカウントより

おすすめ度

★★☆☆☆

住所(アクセス)

MRT板南線、市政府駅から徒歩約10分。淡水信義線の台北101/世貿駅から徒歩約7分。「ATT 4 FUN」の1Fに入口があります。

www.google.co.jp

営業時間

水~日曜日は午後10時~午前4時。

月・火曜日は定休日。

エントランス料金等

水曜日:男性は550台湾ドル(約2,000円)。女性は100台湾ドル(約360円)。※24時以降は300台湾ドル(約1,090円)。男女ペアの来店で女性が入場無料。

木曜日:男性は550台湾ドル(約2,000円)。女性は100台湾ドル(約360円)。※24時以降は200台湾ドル(約720円)

金・土曜日:男性は700台湾ドル(約2,500円)。女性は400台湾ドル(約1,500円)。

日曜日:男性は550台湾ドル(約1,800円)。女性は午後11時30分まで無料。※午後11時30分以降は250台湾ドル(約900円)

※ドリンクは飲み放題。

ドレスコード

男性は短パン、サンダル不可。

※エントランスでパスポートチェックがあるため、原本が必ず必要です。

客層

20代前半~半ばの現地台湾人がほとんどです。クラブ「WAVE(ウェーブ)」と同じく、年齢層が低く、台湾の大学生が多く遊びにきている印象です。可愛い子もまあまあいます。

ミュージック

TOP40やEDM、HIPHOPなどオールジャンル。現地台湾人のDJが毎日回しているようです。有名DJはあまり呼んでいない様子です。

enjoyclubbing.hatenablog.com

(情報は2018年12月時点)